日本の親のことは心配なもの。でも・・・
    • 海外からできることって?
    • 日本の介護保険ってどんなもの?
    • 今から準備できることってあるの?
    • 「いざという時」どうすれば?

 

 遠隔介護ハンドブック一冊で、日本の介護に関するリサーチの時間や労力をセーブできます!

 

      • ケーススタディで親のために何ができるのかわかる。
      • 介護予防策・介護サービスを参考に、介護のための帰国を最小限に。
      • 介護保険や日本の介護事情を知って、日本の家族との意思の疎通をUP!
      • 家族とのコミュニケーションの仕方を参考に家族との喧嘩を回避する。
      • いざという時・もしもの時のために今からできる事・しなければならない事がわかる。


    この本の使い方

    1. 日本の介護事情を知るために、まず初めから一通りお読みください。
    2. その後で、必要に応じて必要な各章を再度読み返していただくと、理解が深まります

     

            •  自分の親の現状からでは、どんな対策が考えられるのかを知りたい方は、ケーススタディの章をお読みいただくと、自分の親に何ができるのかわかります。

            • 介護保険のサービスについて知りたい方は、介護保険、居宅サービス、各種施設・高齢者住宅の章を参考にして下さい。
            • まだ、介護は必要ないけれど…という方は、遠隔介護の心構え、エンディングノート、高齢者仕様の住環境づくりの章を参考に、今からできることを考えてみては?
            • 日本の親・兄弟姉妹と何か話がかみあわないと感じられている方がいれば、コミュニケーションの章を参考にしていただくと「日本の人間関係ってこうだったよなぁ」と思いだせるはずです。
            • 気になるお金の問題や相続やお葬式のことも知っておきたい方は、お金の話と亡くなった後のことの章をお読みください。情報として知っておくと役立ちます。

      誰のための本?

          • 日本国外に住む人で、日本に高齢の家族をお持ちの方
          • 離れて生活する親のことが心配な方。
          • 兄弟姉妹が親の面倒をみてくれてはいるけれど、自分には何ができるのかと思っている方。
          • まだ、親の介護が必要なくても、今何ができるのかを知っておきたい方。
          • これから日本でリタイヤを考えている方


        遠隔介護ハンドブックの中身の紹介

        イメージをクリックしていただくと、拡大して見れます。